*  
*
Happy Life with Dog*理想の子犬
  *
見た目の可愛さだけで生後40日や45日で飼い始められる子犬は、
犬社会のルールを学ぶことも出来ず、病気に対しても無抵抗の時期に新しい生活が始まるので、心も体も疲れ果ててしまいます。
P2は、子犬たちが人間社会でいっしょに暮らすには
「心も体も健康な状態でなければならない」と信じています。
母犬や兄弟犬といっしょに過ごし、犬としての経験や学習する時期も必要です。
そうして社会性を身に付け、健康に育った子犬を理想の子犬だと考えます。

*
 
P2では子犬の成長段階や犬社会のルールに充分対応した方法で、子犬を育てています。
健康・衛生面も厳しくチェックされ、心もからだも健やかに成長した子犬をお渡しします。
*
*

P2の子犬を管理販売するルール
1 健康管理の行き届いた母犬のもとで繁殖を行い、できる限り長く母犬や兄弟犬と過ごす時期を持たせる。
→犬社会の社会勉強の時期。
*
2 母犬と離す時期がきたら兄弟犬単位で個別に隔離管理する。
→病気に対する観察期および可能性のある病気の潜伏期間を
 P2各店の「ドッグ・ファーム」で過ごさせる。
*
3 ワクチン接種および経過観察・その他の健康状態のチェックおよび処置。
*
4 P2に来てからお客様のもとへ渡るまでの毎日の健康チェック。
→項目/(1)朝・夕の体温 (2)毎日の体重 (3)食事ごとの食欲と量 (4)定期的な糞便検査
*
5 P2各店にてデビュー
*
*P2では子犬の隔離管理「ドッグ・ファーム」で上記のことを行っています。
1〜3の管理が終了してから子犬たちはP2各店にデビューします。
* *
*

子犬の成長過程 * P2の子犬たちの養育過程
  *
新生児
  *
移行期
  *
刷り込み時期
  *
社会性を身につける時期
  *
子犬間の階級が定まる時期
  *
群の中の階級が定まる時期
  *
*
*
*
* *
母犬や兄弟犬たちと生後45日まで過ごす。この時期に犬同士の関係や犬社会のルールを自然に学ぶ。
*
*
*
* *
2度目のワクチン接種を受ける。毎日の体重測定、朝晩の検温、食欲チェックを 受ける。この頃生後70日〜90日で、飼い主と出会う。
*
*
*
* *
人間社会でうまくいくためのしつけを受ける。シャンプーやブラッシングもだんだん好きになる。
*
*
 
 
*
* *
母体免疫が切れる45日過ぎに母犬とわかれ健康状態をチェック、虫下しやワクチン接種を受ける。人に世話をしてもらうことにより、人との関係を学ぶ。
この期間は他の犬や、他の犬を触った人と直接接触をさせず兄弟犬単位で隔離する。各種伝染病の潜伏期間の日数以上をここで過 ごさせるので、発病しない場合は病気に感染している可能性は低くなる。
*
*
*
* *
新生活になれた頃お庭や近所の散歩で人間社会にデビューする。生後5〜6ヵ月で群れの中の順位(家庭内の順位)が決まる。たとえば 1:お父さん2:お母さん3:お兄ちゃん4:ボク〈犬〉5:赤ちゃんなど。
*
*
* *
犬社会や人間社会のルールを学ぶため公園などで多くの犬たちと接する機会を持つ。(パピーラーンは犬と飼い主が同時にいろんなことを勉強する良い機会です。)
*
*
* *
* *
Happy Life with Dog1234backnext