Happy Life with Dog*子犬を迎える
  *
充分検討したうえで、自分にもいっしょに暮らす犬にも負担がかかわらず、楽しい生活ができることを確信したら、さあ、いよいよ子犬を手に入れるときです。
P2では子犬の成長段階や犬社会のルールに充分対応した方法で、子犬を育てています。
健康・衛生面も厳しくチェックされ、心もからだも健やかに成長した子犬をお渡ししています。

*
子犬の買い方
1 書籍等を購入し自分に合った犬種を検討しましょう。
その後ペットショップ等に下見に行き、価格面などの検討をしてください。
実際に飼っている人の話しを聞くなどしてその犬種の特性を含め、なるべく多くの情報を得てください。
 
2 実際に店頭に行き欲しい犬種がいる場合にはスタッフに声をかけ、その犬の誕生日や健康状態などを確認してください。同じ犬種だからといって決して同じ性格を持っているものとは限りません。その子犬の癖なども聞くようにしてください。
 
3 いよいよ購入が決まったら、P2では契約事項や次のワクチン接種日、またしつけ教室の事やその子犬にとって必要な用品をスタッフが伝えます。
日齢が若い子犬だと血統書が発行されていない場合がありますが、P2では発行され次第連絡をしてお送りしています。
 
4 希望の犬種がいない場合には、まずP2のスタッフにお尋ね下さい。
P2各店にいる子犬達の在舎状況を確認します。それでも見つからない場合はその犬種の入舎予定などをお調べします。私達が持ち得る情報の中でお探しするようにし、ご連絡します。


子犬を手に入れる方法によって、次のことに注意してください。
ペットショップやブリーダーから購入する場合
ペットショップやブリーダーは子犬を管理するために多くの情報が必要です。
飼い主のあなたは少なくとも次の項目はしっかり確認してください。

*
1. 生年月日(親から離す時期が早すぎないか)
2. ワクチン接種日、回数、種類
3. 駆虫記録
4. 成長記録(体重の増加、餌の摂取量)
5. 外見上の健康状態
* 6. 売買契約の内容
7. 飼育環境が清潔か?
8. 動物病院を飼い主が自由に選択できるか?
9. 動物取扱い業者として都道府県に届け出しているか?
*
里親になったり、捨て犬を保護した場合
動物病院で健康状態チェックを受けてください。そして次のことを把握しておきましょう。

*
 
1. おおよその日齢
2. 健康状態
3. 成長状況 
4. ワクチン接種時期
5. 駆虫時期
*
 
Happy Life with Dog1234backnext